シェアハウスのルールを理解しよう!今後も住み続けるために

シェアハウスでうまく生活するコツとは?共同生活の楽しさを知ろう

若者を中心に流行っている

最近は、シェアハウスに住む人が増えてきました。シェアハウスは、賃貸マンションやアパートと違って同じ家に複数人住む家のことになります。共同生活になるので、一人暮らしとはまた違った生活をおくれるようになります。また、知らない人と暮らすことにもなるので新しい出会いもあります。

シェアハウスが増えてきている理由とは?ランキングでご紹介

積み木
no.1

家賃や光熱費が安い

シェアハウスは、複数人で家を借りて住むような感じなので家賃と光熱費がとても安くなります。人数が多ければ多いほど安い金額になるので、家賃を抑えたい人におすすめの物件になります。東京を中心に増えてきているので、家賃を抑えたいのなら探してみるとよいでしょう。

no.2

新しい出会いがある

シェアハウスは、友人同士で入居するというよりも初対面の人達が集まって入居しているところのほうが多いです。そのため、新しい友達ができるので、新しい出会いを求めている人にとっては良い物件といえるでしょう。

no.3

一人一部屋ある

シェアハウスには、複数人が同じ部屋というイメージがあると思います。しかし、最近は一人一つ部屋があるシェアハウスが増えてきています。これは、シェアハウス専用に建てている物件に多いので、プライベートを守りやすくなっています。

no.4

セキュリティ面も安全

一人一部屋あるシェアハウスなら、鍵をかけられるのでセキュリティ面も安全です。シェアハウスの中には、男女混合で生活しているところもありますが、部屋に鍵が付いているなら共同生活を続けやすいでしょう。

no.5

ルールがきちんと決めらている

最近のシェアハウスは、住んでいる人間が居心地よく住めるようにルールがきちんと決められています。ルールを守れなかった場合のことなども決められているので、安心して共同生活を続けられるようになっています。

シェアハウスのルールを理解しよう!今後も住み続けるために

集合住宅

自分勝手に生活しない

シェアハウスは共同生活になるので、最低限のルールを守らなければいけません。ルールを守らずに自分勝手に生活を送っていたら、他の住人に迷惑がかかります。最悪の場合、強制退去になることもあります。強制退去となれば、すぐにシェアハウスから出ていかなければいけません。また他のシェアハウスに住むにしても入居審査のときに落ちる可能性があります。

部屋

住人との距離感を保つ

シェアハウスには、さまざまな人が住んでいます。そのため、新しい出会いがあるので楽しく暮らせるかもしれません。しかし、ある程度距離感を保つようにしなければ、トラブルに発展することもあります。同じ家に住んでいるからこそ、距離感を保つことが大切だといえるので、近過ぎず離れ過ぎない距離を保てるようにしましょう。

男性

支払いの管理はしっかりと

シェアハウスで大きなトラブルになりやすいのは、やはりお金に関することです。家賃や光熱費を支払われないとなると強制退去になる可能性があります。共同生活だからこそ支払い関係はきちんとしなければいけないので、毎月いくらの出費になるのか考えて暮らすようにしましょう。最近は、振り込みになっている所も多いので日にちを間違えないようにしましょう。

ウーマン

分担されたことはやる

シェアハウスによっては、ゴミ出しや共有スペースの掃除を分担しているところがあります。そういった場合は、決められたルールに合わせて行なうようにしましょう。放置すると印象が悪くなり、住みづらくなります。心地よい住居にするためにも、ルールが決められているところに入るときは、きちんと守るようにしましょう。

シェアハウスを探す時のポイント

インテリア

見学は必ずしておく

シェアハウスに住むときは、見学を必ず行なうようにしましょう。見学するときは、人がいるときを狙うのがおすすめです。そうすることで、普段どんな雰囲気でみんなが生活しているのか確かめることができます。

支払いに関することは確認を

シェアハウスによって家賃や光熱費の支払い方が違います。個人で行なっているところであれば、家主に手渡す場合もありますし、管理会社が行なっているところなら振り込みになります。事前に支払い方法について確認しておいたほうがよいでしょう。

知らない人との共同生活を自覚

シェアハウスに住んでいる人は、知らない人ばかりになります。そのため、共同生活を始めるために他人と暮らすことを自覚しなければいけません。自覚せずに住み始めたら、ストレスを感じたり、住人同士でトラブルを引き起こしたりする可能性があります。

広告募集中